侮ってはいけない足の痛み

高校時代に所属していた陸上部の練習中に、他の部員に足を踏まれてしまい足に激痛が走りました。

数日様子を見たものの腫れが引かず、むしろどんどんひどくなっていったため、少しでも早く治ればと思い部活の顧問から勧められた接骨院に行きました。

結局調べてもらうと親指付け根を骨折しており、治療をしてもらいました。

接骨院に行くまでは自分で適当に固定していたのですが、接骨院の先生に見せると軽く怒られました。

どうも私の固定方法だと骨がくっついた時に元通りにはならないようで、固定方法から丁寧に教えてもらいました。

また、よく足首捻挫やハムストリングの怪我をすることを相談したところ、怪我をしにくい体のつくり方など、怪我の治療以外のこともたくさん教えてもらい、完治後はストレッチ方法を見直すなど、自分の体のケアに対する考え方が変わりました。

骨折の場合、軽い症状でも正しい方法で治療しなければ、骨がくっついた場合でも元通りにならない場合もあるので、接骨院で聞いて指示に従ってください。